○クスチューン改造計画

noimage

どうも。製作部長です。
チーム内のかたはご存じですが、只今、某スタッフから頂いた折れたロッドを補修する作業をしております。
頂いたベースはシマノ「エクスチューン」
めっちゃええやつです。

症状はこちら↓

image9image10

#1(穂先側)の先端と末端が折れてます。

さて、補修開始です。

まず、ティップの折れた部分、チタンティップに入れ替えようかとも思いましたが、折れてる長さが短かったので少し短くなるけど、先端を整えてそのまま接着!

image4

このあと、スレッドを巻いてコーティングして、ティップ部は補修完了。

次が難関、2ピースロッドの要、ジョイント部周辺での折れの補修です。

当初はアルミかなんかを芯棒にして…と思ってたんですが、この竿がとても繊細でジョイント部もまぁまぁしなやかだったので、中に詰める芯棒もカーボンパイプにしました。

ちょうどいい感じのカーボンパイプが売ってなかったので、ウチに転がってた20年物のバスロッド「ダイワプロキャスター」に生贄になってもらいまして…

image3

ジョイント完了。エポキシで固めてサンドペーパーで表面を整えます。

その後、接合部にスレッドで補強、ガイドを付けて、元のイメージと似せてスレッド巻き。

image6

↑こんな感じ。

ここまで来たら後はコーティングだけです。

エポキシコーティングすると…

image7

こんな感じに。目を引くような赤も落ち着いたいい感じになります。

これにて補修完了!!

 

…かと思いきや、やり残してて、試したいことが一つ。

image8

バットの一番お尻のエンブレムが無くなってます。

後に出てくるんですが、この時に思いついたのが、エンドキャップのエンブレムにチームロゴを!

というものです。

思い立ったらすぐやってみようとする悪い癖が出まして、さっそくアルミを削り出して土台を、そして上に貼るステッカーを作り、

img_11

やばい、のってきた(笑)すぐにエポキシを表面張力ギリギリに盛りますと…

image14

ステキ!初めての作業だったのですが、思いのほか上手くいきました。インクが溶けなくてよかった!
で、本日乾燥を終え…

img_15

無事完成!
自分で言うのもなんですが、市販品並みのクオリティーに仕上がってます。耐久性は分りませんが。

そんなこんなで、頂いた折れたロッドは見事に復活!いや、週末に実釣テストしないと何とも言えないけど(笑)
折れたら、もしくは釣れたらまた報告いたします!

 

2016年9月14日 5:32 PM  カテゴリー: 未分類

一覧に戻る